2009年05月04日

4月29日のM13@大台ヶ原

先ほどの月に続いて月が落ちるまでに練習で撮ったM13です。

DSC_0921_092.jpg

FL70S+90S赤道儀+D40(改)+GuideMasterで自動追尾
ISO800、10分×1枚
ステライメージで処理

先日の月は白黒で処理した方がよかったかなぁ。
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2009年05月02日

4月29日の月@大台ヶ原

4月29日は今年初めて大台ヶ原に行ってきました。

18時ごろに到着しましたが既に見知った到着していました。
#早い!

月がまだ天頂あたりにあって「当分沈んだれへんぞ!」という勢いです。
と言っても新月から4日目なのでまだまだ小さい月です。

日が暮れて薄明も終わったころ、月影が出きるほど明るい月でした。

何もすることがないので取り合えずピント合わせを。
せっかくなので月ですることにしました。

その時の画像がこれです。
DSC_0920_003.jpg

普通の月です。
トリミングしています。

FL70S+90S赤道儀+D40(改)
ISO800、1/400秒1枚
ステライメージとフォトショップで処理
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2009年04月12日

3月20日の月明かりと天の川@吉野

先週に引き続き月明かり天の川星野写真です。

先週のよりもちょっと天の川が良く分かる写りだ!

DSC_0885.jpg

と思っています。
でも、さらに月明かりが強烈です。

これも30秒です。
posted by もりやす at 01:00 | 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2009年04月06日

3月20日の天の川%月明かり@吉野

ケンタウルスA、オメガ星団と撮影して風が大変強くなり撤収になった3月20日の吉野ですが、機器をしまって帰るところで月を撮ろう、と思いました。

月は大変明るいので10秒ほどを固定撮影しました。
すると、肉眼では確認できなかった夏の天の川が現れました。

さそり座は当然確認できていたのですが、天の川が出てくるころには月も出てきて期待は全くせずに月を撮ったのが幸いしました。

時間を30秒に伸ばして固定撮影で夏の天の川を撮りました。

≪いて〜たて≫
DSC_0874.jpg
左下の明かりは月です。

≪わし≫
DSC_0878.jpg

≪はくちょう≫
DSC_0876.jpg

固定撮影なので当然星は流れていますが30秒にしては良く写ったのではないかと思います。
しばらくカメラレンズでの撮影をしていなかったのですが、こういう撮影も久しぶりにすると楽しいです。機動力もありますし。

D40(改)+35ミリF1.4をF2.8に絞る。全て30秒、固定撮影
ステライメージで処理
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2009年03月28日

3月20日のω星団(NGC5139)@吉野

先日のケンタウルスAの前に撮っていたのが
ω星団です。

これも数年前から狙っていたのですがなかなかまともに撮れていませんでした。
前回は大晦日に撮ってました。
ω星団(NGC5139)

ケンタウルスAのときに書いたようにいい天気になりました。
到着時は無風だったのですが徐々に風が出てきました。
ω星団を撮っていた0時台は徐々に風が出てきてました。

DSC_0839.jpg

10分の露光時間にしましたが中心部は飽和してしまいました。
同じ時間で5枚ほど撮りましたが、時間を変えて撮影した方が良かったかもしれません。

R200SS+90S赤道儀+K-ASTEC_AGS-1s+420ミリガイド鏡+GuideMaster
10分×1枚 ISO800
ステライメージでダーク減算、フラット処理、レタッチ
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 | Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影

2009年03月22日

3月20日のケンタウルスA(NGC5128)@吉野

3月は天気のめぐり合わせが悪く、全く出撃できていませんでした。
3月というか2月下旬からです。
前は2月14日だったので一ヶ月以上行けてません。

昨日は週初めの予報が変わったようで夜から土曜日にかけて天気は回復の模様。
一縷の望みをかけて天気予報を観察する。

数年前から南の低空の辺りを撮ろうとしていたが
なかなかうまくいってませんでした。

雨上がりの好機到来!とばかりに南の開けている吉野の四寸岩山に行ってきました。

この時期の南の低空というとケンタウルス座の辺りになります。
当然ですが流石にその南の南十字やエータカリーナは奈良からは見えません。

まず、その一つのケンタウルスAです。
空は大変良かったのですが風が強くて、撮影どころではなくなってきている状態で撮影したものです。
#やめとけよ、と言われそう。
折角なのでダメ元で撮影しました。
DSC_0849.jpg

高度が低いので南中近くでないと撮影できないです。
ω星団よりはちょっとは高く見えるので撮影はしやすいはずです。

2時前後に5枚ほど撮りましたが、時折突風が吹き抜けて揺れました。
撮影時間を5分にしてガイドも赤道儀まかせにしました。
1分にして枚数を稼いでコンポジットした方がよい結果になったかもしれません。

風さえなければそこそこ撮れたはずなんですけどね。

R200SS+90S赤道儀+K-ASTEC_AGS-1s
ノータッチガイド5分×1枚 ISO800
ステライメージでダーク減算+フラット補正+レタッチ
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 | Comment(13) | TrackBack(0) | 撮影

2009年02月21日

2月14日のクリスマスツリー星団周辺

2月14日は昼間は雲が多く予報の晴天を大変疑ってしまったが、神野山に到着すると徐々に雲が切れてきた。
明るいうちに機材の組み立てをはじめて暗くなってきた頃には雲は切れてきた。

オリオンが上がってきたときには雲はすっかりなくなってました。
まぁ、暗くなったところですぐに南中が近いんですけど。

となると子午線を越えるのが近いと余り撮影ができない、と言うことでちょっと時間が持ちそうなふたご座の辺りを狙うことにしました。

結局、このクリスマスツリー星団付近にしました。
15分を6枚ほど撮ったのですが、なんと全部流れてしまいました。

仕方なく試し撮りの1分と5分のノータッチガイド分をくっつけました。

DSC_0800.jpg

極軸が間違っていたのかも。

R200SS+90S+D40(改)+AGS-1s
ノータッチガイド 1分×1枚+5分×1枚
ステライメージでフラット処理してトリミング
ダークフレームは撮ってません。

他には銀河団を狙いたかったのですが、光害が強いのか、空が少々白くなってきたので月の出て来た10時40分くらいで終了しました。
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2009年02月14日

フラット画像で補正

前回のピント合わせの画像はテスト画像で全く何もしていませんでした。

いやとりあえず画像処理はしましたがダーク引きもフラット補正もしていませんでした。

撮影時間は1分なのでダーク引きは省略してフラット補正をしたものと比較してみましょう。

まず、これが前回の画像です。
周辺減光が大変ひどいですね。
DSC_0790.jpg

そして、これが1月に撮影したときのフラット画像です。
2秒ISO800でトレーシングペーパーを通してLEDライトを撮影したものです。
DSC_0631_flat.jpg

上のふたつをステライメージを利用してフラット補正をした後に画像処理をしたものです。
かなり見れるようになりました。
DSC_0790_flat.jpg

私はお手軽瞬間フラット撮影をしているのですが、インタネットで調べていると撮影したものと同じ時間をフラット撮影する方もいらっしゃるようです。
本撮影が終わってから同じように撮影されているようです。
こちらは全くしたことがないのでどのような効果があるのかわからないですが、一度試してみたいです。
でも、本撮影が終わったらたいていへとへとになっているのが辛いところです。
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2009年02月09日

2月6日のピント合わせ(ぴんとくるじゃん)

2月6日の3時ごろからピント合わせに出かけました。
ちょうど月が大きく、撮影をする気は全くなく
そうそう、ぴんとくるじゃんを使えるようにしてみよう!
ということで出かけました。

今回は内の筒の中で最長の焦点距離を誇る望遠鏡様の
R200SSに出張ってもらいました。
ピントを合わせやすそうだ、ということもあったんですけど。

冬のいいところは日の出まで結構時間があると言うことです。
3時についてセッティング極軸を合わせて4時前。
そこから月を覗いて大体を合わせてちょうど上ってきたさそり座の
アンタレスに合わせました。

月も落ちて月の明るさが少なくなった辺りでようやくピントが合ったような気がします。
R200SSはスケールがないので結構勘で動かしています。
この辺りは比較になるスケールがあれば大変仕事が早くなるはずです。

合ったところのものがこれです。
DSC_0790.jpg
作品にするつもりは毛頭なかったのでダークもフラットも撮影していません。

60秒ISO800
R200SS+90S赤道儀+D40(改)ノータッチ撮影

その後肝腎のぴんとくるじゃんに変更して合わせた気になっています。
すっと星影が消える点が結構むずかしいです。
一番遅いモード(オートガイドモード)で動かしたのですが、すっと消える点がわかりにくいです。すっというよりも全体的にじわじわと消えていくように見えました。前ピン後ピンならはっきりとある方向から消えていくのですがそれではなかったので合っているところだろうと思っています。

「もうええやろ」という点で妥協してしまって終わりました。
ただ帰ってからちょっと動かしてしまったのでまた合わせないといけないです。(泣)

まぁ、ぴんとくるじゃんをあわせるための予行演習をしたようなものでしょうか?

この朝は大変寒くそんなに山ではないのに氷点下5.5℃まで下がりました。
山に行くとあと3℃くらいは下がったことでしょう。

そういや、さそり座もはくちょう座もベガも今年初めて見ました。
撮影は次の新月期あたりかな?
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 撮影

2009年01月26日

1月17日のしし座トリオ銀河(神野山)

前回の馬頭星雲のあとに月の出るまでの時間に何を撮ろうか?
と悩んでいたところでしたが、一緒にしていた方に
「トリオ撮ったら?」と言われてしまいました。

ちょっとまだ低いし街の光(名張?)が気になって外していましたが
アドバイスと導入してみると意外と入ったので撮影することにしました。

でも、月の出まで30分。
今日は15分で撮影をしているので2枚。

まぁ、せっかくなのでええか。

trio_kasan.jpg

見慣れた角度ではないですが、ご存知のとおり
左からNGC3638、右上がM65(NGC3623)、右下がM66(NGC3627)
の三銀河です。

そういえば毎年撮ろうと狙っている対象ですがガイドが安定しているので今回が一番良く撮れたかも。
やはり名張方向にあたる左上方向は街明かりの影響が出ています。
でも、これくらい撮れると銀河も撮りたくなりますね。

R200SS+D40(改)+90S赤道儀+400ミリガイド鏡+Guidemaster
ISO80015分×2枚
ステライメージで処理
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2009年01月24日

1月17日の馬頭星雲(神野山)

昨日は大変久しぶりに神野山に出かけました。
約2ヶ月ぶりですが前回は雲にやられてあまりよくありませんでした。
というか昨年盆以降は全くダメでした。
17日も星は見えていたのですが全体的に白い水蒸気の多そうな空でした。

でも、数ヶ月ぶりに撮影が出来そうな空だったのでためらわず撮影の準備に取り掛かる。
久しぶりのくせに1年半ぶりに近いR200SSの登場です。
ただ、セッティングしているとおもりが足りないことが判明。
4キロと2.7キロでは不足でした。
仕方なくクランプを目一杯ぎゅーぎゅー締めて撮影することにしました。

batou_3.jpg

今期最初で最後の馬頭星雲になりそうです。
8枚撮影したが、途中子午線を越えてしまい、ガイドエラーになっていたので4枚をコンポジットした。
下のうねうねをもうちょっと表現したかったが、白い空のせいかこれ以上は出来なかった。

R200SS+D40(改)+90S赤道儀+400ミリガイド鏡+Guidemaster
ISO80015分×4枚
ステライメージで処理続きを読む
posted by もりやす at 21:00 | 奈良 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2009年01月03日

1月1日の弓張月(@山陽道龍野西SA)

あけましておめでとうございます。
今年も牛歩作戦で微々としていい写真に近づける一年としたいと思います。懲りずに付き合ってください。

さて、年末年始は家内の実家の大分に行っていました。

家の近くでも比較的くらい場所があるので期待していったのですが、残念ながら曇ばかりで空を撮る機会がありませんでした。
結局温泉三昧でした。

往復自動車で移動したのですが帰りは広島で結構雪が降っていつ通行止めになるのか?という恐怖があったのですがなんとかもって、兵庫県までたどり着きました。

その龍野西SAというところで休憩したときに見えていた月を撮りました。
月齢は4.9。
dsc_0580_800.jpg

金星と一緒に撮りたかったのですが時間が遅く金星は木に邪魔されて難しかったので月だけにしました。

この後西から雲がやってきて一気に見えなくなりました。

サービスエリアの灯りが邪魔なんですがこれがなければそこそこ観測や撮影は出来る場所の印象でした。

ニコンD40(改)+135ミリレンズ(F5)
3秒、ISO200
GIMPで画像処理
posted by もりやす at 23:40 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2008年12月27日

12月26日の子持ち銀河(加茂町)

12月26日は客先の仕事納めでした。
自社は残念ながら29日が仕事納めです。
ところが会議があって29日は休みを取るので個人的には仕事納めです。

何とか我慢してアルコールは飲まなかったので帰りの星空を見て出かけました。
でも、時間が遅かったので以前試しに出かけた近場に行きました。

到着は1時。ちょうど新月期なので月は全く心配する必要がありません。
夜も長いし。
久しぶりに準備をして撮影に備えました。
オリオンは南中を過ぎているので今夜は先日から撮り損ねているしし座トリオがターゲットです。
ところが雲が頻繁に通過します。

30分ほど考えてM51に変更しました。
ここもR200SSで3年ほど前に撮って以来です。
当時大変導入に苦労しました。そのときは天頂にいるのを追っかけていたので確認する体勢も大変でしたが、今回はまだ上っている所だったので比較的簡単でした。

DSC_0490.jpg

4枚撮影しましたが、1枚目はましでしたが雲に襲われ徐々に霞んでいくものでした。
仕方なく今回はコンポジットなしで1枚ものです。
ダークは撮影しましたがフラットは失敗してうまく撮れず周辺減光は解消できませんでした。

このよるが今年の最後の撮影になりそうですが、今年は天気に恵まれない一年でした。

FL70S+マルチフラットナ(×1.04)+90S赤道儀+D40(改)+Guidemaster
10分×1枚、ISO800
ステライメージで処理
posted by もりやす at 23:07 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2008年12月07日

ついてない!(12月5日の神野山)

金曜日は少々所用で仕事を休みました。

ついでに星も狙っていました。

ところが朝から大変な雨で昼間には早々に星観は諦めていました。

夕方には金星と木星が見え「お”!」っということで期待をし始めてしまいました。

21時にはオリオンも見えて「これは行かなければ!」といろいろあって結局23時半ごろ出発し神野山には0時半ごろに到着しました。
素晴らしい快晴が広がっていて、慌てて機材を組み立て始めました。
少々、手間取って2時に準備が出来てさて、オリオンは南中をとっくに過ぎているのでしし座トリオを狙おう、と思いファインダーに位置合わせをはじめました。
もちろん、見えないので数回試写をしていましたが、その間に曇ってしまいました。
それでもしばらく待っていました。たまにシリウスやオリオンの明るい星は姿を見せますがしし座の辺りは余り見えません。見えても撮影をするほどの時間は見せてくれません。

3時半ごろからうとうとしていて4時半ごろに気がつくと雪が舞っとるではないですか。
「こりゃ、たいへん!」ということで一気に機材を片付けました。
舞っているといっても積もるほどではないですが、不慣れな私は慌ててしまいました。
でも、結局夜明けまでは晴れることはありませんでした。
帰宅してしばらくすると空が明るくなると、南のほうに黒い大きな雲の塊が去っていくのが見えました。

そのあとは快晴です。

よく土曜日も快晴ですが、体力が低下しているのでやめておきました。
でも、結果的に金曜はやめて土曜日に行けば良かった、と思ったついていない、週末でした。

折角なのでしし座トリオをファインダーに捉える途中の結局中途半端な一枚をどうぞ。
DSC_0454.jpg

ダークもなし、もちろんフラットもなし
カラー処理するのは辛いのでモノクロにしました

FL70S+D40(改)+90S赤道儀+AGS-1S+GuideMaster
ISO1600 3分×1枚
ステライメージ5で処理
posted by もりやす at 22:38 | 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | 撮影

2008年11月30日

11月22日の三ツ星周辺(神野山)

前回のM42に続いて三ツ星周辺です。

当然同じような空の状態だったのでスカッとした空ではありません。
頻繁に雲が通ってしまってボーっとした空です。
輝星がにじんでます。
ついでにフラットを撮るのを忘れました。

でも、せっかくだったので撮りました。
10分×6枚です。

Orion.jpg

本当は三ツ星の向かって右の二つの星の周辺を撮りたかったのですが間違って左のほうを撮ってしまいました。
雲も頻繁にくるのでそのままにしました。
三ツ星は左からアルニタク、アルニラム、ミンタカという名前がついています。今回はアルニタク、アルニラムを撮影したということになります。ちなみにM42から生まれた星と考えられているようです。
生まれてからえらい移動したんですね。

馬頭星雲はこの焦点距離と空の状態ではちょっと寂しいです。

FL70S+(×0.7レデューサ)+D40(改)+90S赤道儀+AGS-1s+Guidemasterで自動追尾
ISO800 10分×6枚
ステライメージで画像処理
posted by もりやす at 10:55 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2008年11月24日

11月22日のM42(神野山)

11月になって大台を狙っていましたが、初旬の新月期は天気が悪くいけませんでした。
なので今月末に狙っていたのですが、思いもかけず降雪の知らせが届き、今年の挑戦は終了しました。

それでも盆からまともに撮影が出来ていない、D40での撮影がまともに出来ていない、と言うことがあり機会を狙っていました。

22日の土曜日に「なんとなくいけそう」と思ったので神野山に行ってきました。
ここも10月のはじめに行ってきりです。

今回はオリオン周辺を狙って、かつリハビリを兼ねて行って来ました。

「とにかく撮る!」というのを目標に出かけました。
ところが着いたときには「ええ〜!」というくらい雲雲の攻撃にさらされて「またか〜!」と思っていましたが、1時間ぐらいして天頂辺りの雲が徐々に開けてきて北の星々も見えてきました。
とりあえず、準備を始めて「さて」というときにまた曇りだしましたが、どっかり居座る雲ではないようでところどころ雲のないところがありました。

運良くオリオン座の周辺も雲がなくなったりしたので10分で撮影しました。
M42.jpg

でも、雲が通過することが頻繁なのでにじみが大きいものになってしまいました。

まぁ、この夜の目的は「撮る!」と言うことだったのでよしにしました。ピントはD70よりは合わせ易いです。結局撮影しながら本体液晶での拡大確認だけです。そこそこのピントかなぁ、と思っています。
#あまいか?

FL70S+0.7レデューサ+90S赤道儀+AGS-1S+ガイド鏡+Guidemaster
10分×2枚、ISO800

ステライメージにて「お手軽」画像処理
posted by もりやす at 22:51 | 奈良 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影

2008年10月13日

月齢14.1(10月13日)

近所の公園でD40のピント合わせテストをしていました。
街灯が煌々としている大変明るい公園です。
22時になると消灯するのですが、19時からしていたので全くそういうことはありません。
木星と月でピント合わせをしたいと思っているので、まぁええか、ということにしました。

その途中で撮影した月です。
月を撮るには大変焦点距離が短いもので撮ったのでトリミングしました。

DSC_0323_tri.jpg

D40+FL70S(レデューサ0.7)合成392ミリ+90S赤道儀(AGS-1s)
ISO800、2500分の1秒
ステライメージ5で処理、トリミング

こちらはトリミングなし分
DSC_0323.jpg

先日、Yオークションで入手したぴんとくるじゃんを試したのですが、なんとなく「切れる」というのはわかったんですが、ピントが合っていると仮定してそこにピントくるジャンを合わせる方法がいまいちよくわかりませんでした。
やはり三ツ星で合わせてから使わないといけないのかもしれません。三ツ星では合わせてくれるサービスがあるらしいのですが、NIKONは確認するソフト「NikonCapture」がないから正確には合わせられない、と言うことです。
なんかあてにならんなぁ、という印象です。
ちょっとがっかりの会社かな?

ブログで苦労した結果をかかれている人がいるのでもうちょっと勉強してみます。
posted by もりやす at 23:00 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2008年10月05日

10月4日のM31(神野山)

昨夜は「天気大丈夫?」という空でしたが、宵のうちだけでもいいのでとにかく、D40で撮影をしたかったのでホームグラウンドの神野山に行ってきました。

日没前から薄雲が通過するし、南は薄雲程度の雲ではなくしっかりした雲がどっしりしているし、「また失敗したかな」と思っていました。

月がはっきりしてきたときは雲に隠れていました。

ところが20時ごろから雲が少々少なくなってきたのでなんとか撮影に入ることができました。

といっても、薄雲はしょっちゅう通ります。ピントが大丈夫?と思いつつも、とりあえず10分で一枚だけ撮りました。

DSC_0220.jpg

これを撮ってからピントをグジグジいじりながらショート撮影をしていましたが、曇ってしまい23時に撤収しました。

やはり10分一枚では広がった印象は少ないです。
ダークを撮るのもフラットを撮るのも忘れてしまいました。
なので本当にこれ1枚だけです。
もうちょっと枚数を重ねたいです。
そういや、M31って3年ぶりくらいの撮影だったような気がします。
そんなD40のファーストライトでした。

来週は月が大きいくなってきているのでピント合わせのチェックになるかも。

FL70+レデューサ(合成392ミリ)+90S赤道儀+D40(改)+GuideMasterでのオートガイド。ISO800、10分×1枚
ステライメージ5で画像修正。
posted by もりやす at 16:14 | 奈良 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2008年09月15日

8月13日の二重星団(神野山)のやり直し

なんとなくもう一度処理してみました。

コンポジットは使える7枚と言う中途半端なものを加算でコンポジット。

全てステライメージ5で処理しました。
double_cluster_3.jpg

前よりははるかに「普通」にして見ました。
posted by もりやす at 18:54 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2008年08月31日

8月13日のM45(神野山)

続いて8月13日のM45です。

うまく画像処理できずあと回しになっていました。
M45.jpg

撮影時の情報が少なかったのかざらついた感じにしか処理できませんでした。
青色はざらついた画像になり気味、と言うのが今までの印象です。
またはF8という暗さが10分×4枚では不足なのかなぁ。
といいつつ、この時期時間を長くするのはノイズが多くなるので枚数を稼ぐか、フラットナでは無くレデューサを使うのがいいのかも。

FL70S+BORGマルチフラットナ+D70改+90S赤道儀+AGS-1s+420ミリガイド鏡+Guidemaster
10分×4枚 ISO800
RAPでダーク引き、ステライメージ5、NikonCapture4、Photoshop6で画像処理
posted by もりやす at 17:52 | 奈良 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影