2007年07月21日

レデューサ交換

前からミニボーグ45ED光害カットフィルタを利用するとゴーストが発生して困っていた。

対物レンズにしか52ミリフィルタのネジがついていなかったのでそこにつけていた。ボーグにはフィルタボックスだけのパーツも売っているが9000円以上してとても高価。

そこで、いろいろな方に相談して結局はトミーテックの中川さんにも相談した。

すると本来はレデューサにも同フィルタを取り付けるネジが切ってある、と言う。
手元のを確認すると、そういうネジ切りはない。

vfts0008.jpg

中川さんによると初期の物はネジ切っていない仕様またはネジの切り忘れの物がある、ということで交換してくれることになった。

交換した物が昨日届いた。

vfts0006.jpg

前のものと差があまりわからない写真ですねぇ。
でもねじは切ってあります。
当然装着できた。
ところが従来、回転装置とレデューサが隣接していたのでフィルタを付けるとそれが当たって取り付けられなくなった。

そこで違うところにつけていたM57/60延長筒SWを回転装置とレデューサの間に取り付けて解決した。
20070721vfts0002.jpg
あとは撮影に行くだけ、なのだが、今夜も曇っている。
posted by もりやす at 21:08 | 奈良 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
いよいよ梅雨も明け、天体撮影に出かけれそうですね。でも週末は満月か・・(^^;)
とりあえず、いきなり星野ガイドも忘れ気味になっているので、しばし月明かりの中、練習をば。
でわ。
Posted by いか at 2007年07月24日 22:00
いかさん、こんばんわ

ゆうべは素晴らしい空でした。
今夜はちょっと霞んでいますが星は見えていますね。
ゆうべ、このミニボーグでテストしました。
Posted by もりやす at 2007年07月25日 00:52
はじめまして GENTAといいます。

しばたさんのBLOGから来ました。

フィルターが当たっていたので2インチホルダーMに付けましたが、こうすれば、いいんですね。為になりました。延長筒Sで応用してみます。

これで青ハロ対策用のフィルターが付けられます。

あとは、フィルターの付ける位置でゴーストなどがどのように発生するか見極めてみたいと思います。
Posted by GENTA at 2007年08月02日 22:41
初めまして、GENTAさん

うちもたまたま何のためにあるかわからなかった延長筒が役に立ちました。
普段は外すとなくしそうなのでつけてあっただけでした。

わかりやすいフラット画像ですね。
撮ってみたいと思いつつ、どう撮っていいのかわからなくてほったらかしでした。
どのくらいの時間撮っておられるのですか?
Posted by もりやす at 2007年08月02日 23:04
なんか2重投稿になってしまいました。

消しておいてください。

BLOGの5月28日のところにテスト結果が書いてありますが、ISO100の低感度にしてライトフレームと同じ位置にヒストグラムがくるような露出時間としています。1/40Sから1/200Sぐらいで撮影した画像に合わせています。
Posted by GENTA at 2007年08月02日 23:23
こんばんわ、GENTAさん

こんな短い時間で撮るんですか。
ためしで昔やったときには2、3秒していたんですが真っ白でごみが判別できませんでした。

明日はまだ天気が悪そうですし、試すのは来週になりそうです。

ごみがきれいになったらとても嬉しいです。
ありがとうございました。
Posted by もりやす at 2007年08月03日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48785571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック