2014年10月27日

ガーーーーン

この新月直後の週末も撮影に出かけていました。
ただ、最近一所懸命撮影して画像処理をしていても
もうひとつパッとしない画像ばかりになるなあ、と感じていました。
その理由が昨日わかりました。

というのはLRGBで撮影しているのですが
フィルターホイールが回っていませんでした。
1番目がRなので
ぜーーーーーんぶ、R。
これが今年になってからは続いていたようです。
といっても片手で足りる程度の撮影回数ですけど。
なので前回投稿した時に北アメリカのLと思っていたのは
北アメリカのRでした。
だからぼやっとしたL画像だったのね。

CCDSoftというので撮影しているのですが
フィルタホイールの選択が間違っていたようです。
もっとも以前は撮影出来ていたので
暗闇でパソコン操作している時に
変更してしまったのではないか、と思います。

1番をLにしておけば全部Lでも使えるので
良かったはずですが
全部Rではねぇえ。

ちなみにLは5番にしています。
#意味あるのか?
#特にないけど。

もちろん、昨日原因究明と設定を変更して
ちゃんと回るのは確認済みです。
IMG_20141026_162328.jpg

IMG_20141026_162423.jpg

IMG_20141026_162443.jpg

IMG_20141026_162513.jpg

しかし、現場でちゃんと回っているかを確認するのは
至難の業だ、と私のお師匠様もおっしゃっていました。
とりあえず、音でフィルタが回っているかを確認したいです。
カメラの外にも今何番のフィルタを使っていると
番号がでてくれたらいいのになぁ、と思いました。

次の週末は奈良、大阪に行くので金曜に撮影出来たら嬉しいけどなあ。

ところで、先週たまたまいつもの植村直己冒険館の駐車場横の
テニスコートを使われていて灯りが煌々としていたので
神鍋高原に上りました。
街灯が多くて避けていたのですがスキー場ということもあり
比較的駐車場が多いです。
全ての駐車場を調査したわけではないですがその中の一つで撮影しました。
街灯はあるけど宵のうちは夏から秋にかけての天の川がはっきり見える空です。
一番気に入っているのは300メートル程度ですが標高はちょっと上なので
植村直己冒険館で頻発する霧が出ないということです。

実際撮影を終えて帰る途中にある植村直己冒険館周辺では
大変濃い霧が出ていました。

アパートからの距離は4キロから10キロに伸びましたが
安定した空があるので暫くは神鍋高原に上ると思います。
[ここに地図が表示されます]

posted by もりやす at 22:56 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影
この記事へのコメント
私は使っていませんが、フィルタホイールは外から中が確認できないので確かにちゃんと回っているか心配になりますね。
でもトラブルが解決できて良かったと思います。これで次からちゃんと撮影できるのではないでしょうか。

標高300mといえばちょっとした山なので、霧の心配がないのはいいことです。下界だとどうしても今時期は霧がかかりやすいですから。
Posted by カムイミンダラ at 2014年11月01日 14:46
カムイミンダラさん

めちゃくちゃ、コメント遅くなってすみません。
まさかフィルタホイールが回ってない、なんて想像もしませんでした。
今は必ず、「耳」で回っているかを確認します。
でも、本当はフィルタホイールが今何番、というのを
外部から確認できたら安心です。

たった300mの標高でも今のところ一度も
霧にかかられていないので暫くはここで撮影することに
なりそうです。
Posted by もりやす at 2015年04月19日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407859525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック