2013年10月20日

ADMアリ型

夏頃まで新しい業務をすることになってブログどころか
撮影も全くできない状況でした。

盆を過ぎてようやく余裕が出てきたので撮影をしたいと思っているのですが
どうも天気のめぐり合わせが良くないです。

さて、以前からSBIGカメラでカメラレンズを使った撮影をしたいと思っていたのですが
カメラとガイド鏡を載せると大変バランスが悪く困っていました。

載せていたのはビクセンのマルチプレート。
載せる場所が大変小さい、というか一眼デジと比べるとSBIGカメラが重いし
ガイド鏡も最近の小さくて、コンパクトなものではないので
結局重くてマルチプレートではバランスが取れない、というのが理由でした。

アリ型が長いものを用意できればバランスが取りやすくなるだろう、と考え
探していて、アドバイスをいただいてADM社のものを注文しました。
先週、無事USAから届き、休みの今日、赤道儀に付けてみました。

P1070968.JPG

P1070969.JPG

こんな感じでバランスはまずまず取れているようです。

P1070970.JPG

アリ型バーには穴が空いていて止めるネジも4本ついています。
アーレンキになっているのですが、ミリではなくインチのようです。
SBIGカメラ用に買っていたものが役に立ちました。

本当はなにも穴が空いていないか、最小限の穴だけが空いているものだと思っていましたが
こんなに空いているので今回は直接取り付けてみました。
プレートを別に用意する必要があるか、と思っていたもので。

とりあえず準備はできたので、あとは天気のめぐり合わせだけです。
posted by もりやす at 23:34 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック