2007年03月23日

実験!その2 R200SS追尾M8 on 90S

M4に引き続き同じ夜にM8も撮影していました。

M8”ƒ.jpg

左から5分×4枚、10分×4枚、20分×1枚
です。

ピントは先のM4と同じなのでよくないです。

でも追尾精度としては十分か、と思っています。
posted by もりやす at 20:27 | 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
800mmをこれだけ正確に追尾出来るのですから、噂通り精度の高い赤道儀ですね。
これならオートガイドじゃなくガイドアイピースで軽く補正するだけでも十分良くなりそうです。
Posted by しばた at 2007年03月23日 22:08
しばたさんもそう思われますか。
先のM4の時よりも追尾精度がよくなった感じを受けています。
20分で800ミリでびくともしませんでしたから、私には十分です。

あとは暗い空が欲しい、という贅沢でしょうか。
ああ、大事なピントを合わせる目と腕も手に入れないといけません。(笑)

赤偉は重いのでオーバーホールはしようと思っています。
そのときにモーターを付けるかどうかはおカネ次第ですね。
Posted by もりやす at 2007年03月23日 22:36
これはセッティングばっちりですね
SS2000PCにはまね出来ないですね
画像は10分x2が良さそうに見えました
Posted by asuka at 2007年03月24日 13:00
asukaさん

ありがとうございます。
星像は5分10分のものがましだったのでそれをさらにコンポジットしてみました。S/Nはあがったかな?

本当は真中に横長に導入したかったんですが、カメラ位置が天頂になってしまいファインダが覗けませんでした。
PCで確認していたのですがうまくいかなかったんでこういう構図です。
スカイセンサーは良くできた自動導入兼オートガイドコントローラなのでちょっと落ち着いたらそちらもasukaさんのようにもっと使えるようにしたいです。

でも、ノータッチは楽でいいです。
精度を上げようとするとしばたさんご提案の手動ガイドも一つの手かもしれません。
Posted by もりやす at 2007年03月24日 14:02
ご無沙汰しています。

新機材なかなか使えそうですねぇ!
800oでノーッタッチ、ここまで撮影できれば
文句なしですね!やはり高橋は一味違いますね!

私は相変わらず忙しくなかなか撮影できませんが
最近妙な機材が増殖中です(笑)
いまさら銀塩にハマっちゃってます。

Posted by もち at 2007年03月25日 21:48
もちさん
御無沙汰です。

忙しくて撮影に行けない、というのはある意味とても幸せなことなので、今はそれに没頭してください。
でも、必ず時間が出来たらたくさん撮影してくださいね。
銀塩ということはもしかして中版カメラですか?銀塩は運用コストがかかるのでなかなか手が出せてません。でも、最終的には使ってたりして。

撮影したら是非見せてくださいね。
Posted by もりやす at 2007年03月25日 22:14
こんばんは

>忙しくて撮影に行けない、というのはある意味とて>も幸せなことなので、今はそれに没頭してください。

私にとってはとてもありがたいお言葉です。投稿いただいても返事が遅くなったりして罪の意識が・・・。
ほんとに気持ちが楽になります。

ペンタ67を購入しました。
>銀塩は運用コストがかかるのでなかなか手が出せてません。
たしかにデジタルに比べるとお金はかかりますが、撮影時に一球入魂で面白いですよ!あと結果を見る時のドキドキ感がなんともいえません(笑)
Posted by もち at 2007年03月26日 20:29
もちさん、こんばんわ

今日まで九州に行っていまして、返事がおくれました。
銀塩カメラは確かに失敗すると、修正が効き難いので一回一回が真剣になるので始めは時間がかかっても、最終的には腕を上げるにはいい方法かもしれませんね。
電池の要らない撮影も出来るということをどこかで聞きました。
ガイド性能が良ければ、かつ、良い空があればとても良い作品が撮れそうですね。

時間が出来ればたくさん撮って見せて刺激してください。
Posted by もりやす at 2007年03月31日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック