2007年03月22日

実験!その1 R200SS追尾M4 on 90S

最近は晴れているのに薄雲というか霞みというか、はっきりしない空が多いです。

そんな中で以前から「暗い」と聞かされていた場所に連れて行ってもらいました。

場所は奈良盆地の南の果て、下市町。
奈良盆地とは一山をはさんだ南。

方角としては北、西、その方向の天頂はほぼ撮影には向きません。
南、東は光の元が少ないので相当暗い印象があります。

ただし、この日も朝が近ずくと見える星数も徐々に増えてきて、夏の天の川もうっすらと確認できました。

そんな中で、今回はうちの大口径望遠鏡のR200SSを担いで追尾テストをすることにしました。

まず、ここにおわすのはM4です。
M4”ƒ.jpg

上が5分×4枚 ISO800
下が10分×4枚 ISO800

のものです。
撮影方法は両方とももちろん「ノータッチガイド」。
バランスと極軸をとっただけのモノです。

GP赤道儀では10分はどうしても流れてしまっていましたが、90Sは十分使えそうです。

ただ問題はピントあわせ。
渾身のピント合わせをしたつもりですが残念ながら「合った!」という状態ではないです。
ピントのずれが星像肥大に影響はしていると思います。

また、ここは北極星が探し難い程明るいのではじめは違う星を極軸導入してしまっていました。
導入できれば問題なさそうです。
posted by もりやす at 12:11 | 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
800mmでも十分な精度で追尾出来ていますね。
ピントがもっと合っていればさらにシャープになったでしょうね。
カメラのファインダーの横の視度補正は自分の目に合わせて調整していますか?
Posted by しばた at 2007年03月22日 22:29
しばたさん、おはようございます

視度補正ですか。
恥ずかしながら全く触ったことがなかったです。
窓から見える景色でチェックしましたが、確かに遥かに見易くなりした。
次はこれでテストしてみます。

ありがとうございました。
Posted by もりやす at 2007年03月23日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36566358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック