2009年05月18日

ヘリサート加工

連休の5月4日に前回の「衝動買い」で書いたように、90S赤道儀のウェイトをつける軸の♀ネジ側を修理をお願いしに大阪梅田の協栄産業に行ってきました。
2週間位かかると聞いていたのですが、たまたま金曜日の昼休みにふと「おお、あれはどうなったかな?」と思いついて電話しました。来週には修繕は上がってくるとのこと。
それで十分と思っていたら昨日かかってきました。
「今日タカハシ製作所から修繕が終わったものが送られてきました」と。

エライ早いやん、言うて見るもんやな、と変に感心してしまったのですが、わざわざすぐに電話をもらったので今日もらいに行きました。

「90S赤道儀のウェイトをつける軸の♀ネジ側」は「バランス受」というらしいです。
前にメールでもらったとおりにヘリサート加工というのをしてもらいました。

dcf_0021.jpg

dcf_0022.jpg

このとおりです。
ネジのところの段がついているのがそのヘリサート加工かなぁあ。
店では兄ちゃんがそんなことを言っていた。

赤道儀を組み立ててはいませんがバランス棒をねじ込んでみると飾り環(というそうです)を付けていても問題なくしっかり取り付けられました。
これで心配の一つが解決しました。

やれやれ。
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
ヘリサート加工からもう戻って来たんですね。
ネジ穴の中の渦巻きはステンレス製ですので、アルミのようにすり減ってガタガタになる事は無くなるかと思います。
Posted by しばた at 2009年05月19日 22:38
しばたさん

そうなんですよ、思ったより早く帰ってきました。
作業自体はすぐ済むんでしょうね。

そんなに強いと安心です。
おそらくこの赤道儀は一生ものと思っているので30年くらいはもってほしいです。
Posted by もりやす at 2009年05月20日 21:27
ウェイトネジ部の潰れは、使用に直接関係するので、他人事ではありません。私も、暗闇での組立で、真っ直ぐに軸をねじ込まないこともあるせいか、最近、夜間の組立に少し手間取ることがあります。明るいところで目視しながらだと、全く問題ないんですが。

私も、90Sはこれからも大切に使い続けたいと思っています。大切に使えば、もりやすさんが仰るように、30年は軽くもつでしょう♪

間もなく、私にとっての究極最終兵器を導入する予定です。あまりのバカさ加減に、我ながら呆れていますが、自分で自分を止められません。そのうち、アチラにアップしますね。
Posted by 刀乗り(羊山羊) at 2009年05月21日 23:33
刀乗り(羊山羊)さん

究極うう?
なにかなぁ。
Posted by もりやす at 2009年05月22日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119694323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック