2009年05月06日

衝動買い

連休の前半を終わった所で
・月が大きくなってなかなかお隠れにならない
・白い程度ではなくはっきりとお曇りになられる
・徹夜趣味は疲れる
ということがあり、連休後半は撮影には行かん、と決めたので
大阪梅田の協栄産業
90S赤道儀のウェイトをつける軸の♀ネジ側を修理に持っていきました。
しっかりと締まらないのでタカハシ製作所に問い合わせてもらって
ヘリサート加工というやつで修理をしてもらえる様です。
それで行ってきた次第です。
ただ、もう一つ目的があって先日ボーグから出た接眼装置を見に行きました。

ミニボーグは結構ピントを出すのに細かいことができずに困っていました。
ついでにFL70Sでピントゲージをつけて比較的ピントを出すことができてたので
ここ1年半ほどミニボーグの出番がありませんでした。

でも広角撮影に近づきたくなってきているのでミニボーグに9857番の
マイクロフォーカス接眼部が出た!と聞いたのでついでに見てきました。
大変欲しかったので高かったのにもかかわらず衝動買いしてしまいました。
久しぶりなのでバチは当たらん、と言い聞かせて納得しています。

dcf_0007.jpg

本体はこれです。
あちこちで見るのと同じですね。

dcf_0010.jpg

これがうちのミニボーグ45EDに付けた状態です。
近所のアンテナをめがけてテストしましたが、微妙な加減はできています。

dsc_1123_800.jpg

最終的にはピントを出すときのピントゲージのようなものがないと再現できないず、勘でしか合わせられなくなります。
目盛は付いているのですが1ミリ単位で飾り以上ではないようです。
ヘタレ目なのが良くないのですけど。
posted by もりやす at 00:00 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 機材
この記事へのコメント
こんばんは。
良い物を買われましたね、これはラックアンドピニオンでしょうか。でもやっぱりいくら精密なピントの追い込みが出来ても、再現性のためにはピントゲージが必要のようですね。ダイヤルゲージはネットオークションで比較的安く入手出来るようですので、思い切って自作されるとか。
Posted by カムイミンダラ at 2009年05月06日 22:19
カムイミンダラさん、こんばんわ

ラックアンドピニオンと思います。
ゲージは先日デジタルノギスをオークションで入手していたのですがミニボーグで使うのが良いという判断をしました。
でも、アルミで加工が難しいのであるところに今お願いしています。
うまくいきそうでしたらご紹介致します。
加工される方の腕は間違いないので私の設計が間違っていなかったら大丈夫です。
Posted by もりやす at 2009年05月07日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118629614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック