2016年11月06日

2016年11月4日の魔女の横顔星雲@みつえ高原牧場

この秋はなかなか天気に恵まれていないのは前回も書いたとおりです。

ただ、ようやく10月の終わりから晴れる日が少々増えてきました。
丁度その頃から仕事が忙しくなって
最近は帰る時刻が遅くなりつつあります。
そんなこともあってかなりへばってところに
良い空の週末に出会ったので
「たまには早く帰ろう」と御杖村のみつえ高原牧場に出掛けました。

週末の月が小さい日でまぁまぁの天気なので
撮影屋がたくさんやってきていると思ったけど
意外と少なかったです。

まぁ、他人のことは置いといて
到着は23時20分。
リゲル周辺かM45を対象にしようと考えていましたが
M45はとっくに天頂の辺りに上っているのでさっさと諦めて
オリオン座のリゲルの横にある魔女の横顔星雲に決定。

前回はいくら調整しても星が流れてしまって
全く駄目だったので慎重にセッティングをしました。

ところがピント合わせでいきなり星が流れてしまって
「ええ!またたぁあ?」とがっかりして
確認していると赤道儀の赤緯と赤経のモーターに接続するケーブルをテレコにしていました。
前回もそれがあったので気がついたのですがこんなミスをしてしまうとは。

さて、それからピント、導入、オートガイダーの設定を終えて撮影開始。
ところがパソコンが途中でスリープに入ってしまって少し中断。
3枚撮れている時間だけど1枚しか撮れてませんでした。
その後、撮影を再開しました。


空は来たときからの快晴が続いていて
見た感じはガイドも順調でまずまず撮れてそう。

しかし、寒い。
そこそこ防寒はしてきたけど、冷え込んできた。

たまに撮影状況を確認するけど殆どは車内にいるので
それほど寒くないはずだけど、やっぱり寒い。
結局、帰宅時は0℃くらいでした。

L_ddp-lrgb_a1.jpg

で、処理が終わったのがこれです。
魔女の横顔星雲だけを撮ることが多いのですが
どうしてもリゲルを入れたかったので、こんな構図になってしまいました。
ミニボーグではきつかったかも。
135ミリのカメラレンズならば入ったと思うけど。

リゲルの光が強烈ですが
上部には何やら赤いエリアがある様に見えます。

リゲルを右になるように回転したので普通に見えている位置ではないけど
理由はこの向きが「魔女の横顔」の見え方ではないか、と思うからです。

そうそう、SS-oneオートガイダーはガイド星が子午線を越えても
そのままガイドを続けてくれるようです。
マニュアルには「一度すればキャリブレーションは2度は不要」と書いてあったけど
子午線を越えれば再キャリが必要と思っていたけどそれはありませんでした。
今まで使ってきたオートガイダーは子午線を越えるとキャリブレーションをしていたので
かなり助かります。

来週はまだ撮影できるかも。

ミニボーグ45ED+0.85レデューサ+90S赤道儀+ST8300M+K-ASTEC AGS-1Sコントローラ+CCD-Soft+SS-Oneオートガイダー+75ミリCマウントガイドレンズ
L 10分×9枚、R 5分×4枚、G 5分×3枚、B 5分×3枚

SI6+PSで画像処理。
posted by もりやす at 15:52 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。