2016年12月03日

2016年12月2日の広角撮影テスト@加茂プラネタリウム横

12月になりました。
ようやく寒さが強くなってきました。

12/2は少し早めに帰れたので
近場の加茂町に出かけました。
今までも比較的広角レンズを使っているのですが
もっと広角で撮りたいと思っていたので
実験の意味もあって近場にしました。
とはいえ大阪の光が強いので
ちゃんと撮る時は御杖に行きたいところです。

使ったレンズは手持ちのTAMRONの17-35のズームF2.8です。
なかなかピントが出ず17ミリでは駄目で20ミリでももう一つでませんでした。
24ミリでようやくなんとか出たつもりですが
ピントの山が大変微妙で最終的にあったと思ったのがこの写真です。

L.jpg

90°回転させた画像です。
オリオン座はそこそこピントは出ているのですが
その下はピントが出ていません。
元画像では右側になりますが
いわゆる片ボケという状態ではないか、と思います。
オリオン座が上の方に寄っているのは
右の方がぼけているのがわかっていたので左に寄せた結果です。
オリオン座を真ん中にするとリゲルが肥大する影響がありました。

絞りは2段階絞ったのですがもう少し絞ればマシになるかもしれません。

ただ、レンズの装着の所で何かないか、確認する必要がありそうです。

2つ目の課題は
広角レンズを装着した時のガイドカメラを設置する場所を忘れていたことでした。
以前しばたさんに分けてもらった金具をミニボーグ用の部品として使えたのですが
その準備を忘れていました。
広角なのでガイドは必要ないかもしれませんが
念のためにガイドはしておきたいと思います。

3つ目の課題は
レンズの湿気対策をしていなかった点です。
今回の写真は5分を2枚撮ってコンポジットしたものですが
2枚目はレンズが曇りだしています。
10枚撮ったのですが3枚目以降は使いませんでした。
曇り止めと言っても段ボールを丸めた筒を作るだけですけど
十分効果はあります。

その3点が今回出て来た課題です。

また、広角レンズになると光害の影響が受けやすくなります。
右下のは大阪方面からの光の影響です。
これは御杖村の様な暗い空に移動すれば解決します。

あとはピントをもう少し追い込む必要があります。
posted by もりやす at 18:25 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2016年11月06日

2016年11月4日の魔女の横顔星雲@みつえ高原牧場

この秋はなかなか天気に恵まれていないのは前回も書いたとおりです。

ただ、ようやく10月の終わりから晴れる日が少々増えてきました。
丁度その頃から仕事が忙しくなって
最近は帰る時刻が遅くなりつつあります。
そんなこともあってかなりへばってところに
良い空の週末に出会ったので
「たまには早く帰ろう」と御杖村のみつえ高原牧場に出掛けました。

週末の月が小さい日でまぁまぁの天気なので
撮影屋がたくさんやってきていると思ったけど
意外と少なかったです。

まぁ、他人のことは置いといて
到着は23時20分。
リゲル周辺かM45を対象にしようと考えていましたが
M45はとっくに天頂の辺りに上っているのでさっさと諦めて
オリオン座のリゲルの横にある魔女の横顔星雲に決定。

前回はいくら調整しても星が流れてしまって
全く駄目だったので慎重にセッティングをしました。

ところがピント合わせでいきなり星が流れてしまって
「ええ!またたぁあ?」とがっかりして
確認していると赤道儀の赤緯と赤経のモーターに接続するケーブルをテレコにしていました。
前回もそれがあったので気がついたのですがこんなミスをしてしまうとは。

さて、それからピント、導入、オートガイダーの設定を終えて撮影開始。
ところがパソコンが途中でスリープに入ってしまって少し中断。
3枚撮れている時間だけど1枚しか撮れてませんでした。
その後、撮影を再開しました。


空は来たときからの快晴が続いていて
見た感じはガイドも順調でまずまず撮れてそう。

しかし、寒い。
そこそこ防寒はしてきたけど、冷え込んできた。

たまに撮影状況を確認するけど殆どは車内にいるので
それほど寒くないはずだけど、やっぱり寒い。
結局、帰宅時は0℃くらいでした。

L_ddp-lrgb_a1.jpg

で、処理が終わったのがこれです。
魔女の横顔星雲だけを撮ることが多いのですが
どうしてもリゲルを入れたかったので、こんな構図になってしまいました。
ミニボーグではきつかったかも。
135ミリのカメラレンズならば入ったと思うけど。

リゲルの光が強烈ですが
上部には何やら赤いエリアがある様に見えます。

リゲルを右になるように回転したので普通に見えている位置ではないけど
理由はこの向きが「魔女の横顔」の見え方ではないか、と思うからです。

そうそう、SS-oneオートガイダーはガイド星が子午線を越えても
そのままガイドを続けてくれるようです。
マニュアルには「一度すればキャリブレーションは2度は不要」と書いてあったけど
子午線を越えれば再キャリが必要と思っていたけどそれはありませんでした。
今まで使ってきたオートガイダーは子午線を越えるとキャリブレーションをしていたので
かなり助かります。

来週はまだ撮影できるかも。

ミニボーグ45ED+0.85レデューサ+90S赤道儀+ST8300M+K-ASTEC AGS-1Sコントローラ+CCD-Soft+SS-Oneオートガイダー+75ミリCマウントガイドレンズ
L 10分×9枚、R 5分×4枚、G 5分×3枚、B 5分×3枚

SI6+PSで画像処理。
posted by もりやす at 15:52 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2016年10月12日

10月9日のみつえ高原牧場

前回、8月初めに撮影してからずーーーーっと天気が悪かった。
9月は絶望的に天気が悪い日が続いていた。
多分全国的にそうだったから全国の天体撮影をしている人は
同じ気持ちだったに違いない。

ようやく晴れ間が現れそうなので
10月9日にみつえ牧場に行ってきました。

期待した空は2時頃まで頻繁に雲が通過する空で
ずーっと待機していました。
まぁ、折角来たのだから待ったのですがその甲斐がありました。

極軸は早めに合わせていたので、ピント合わせと導入ですぐに撮影開始!
と思ってたけど、星が流れる。
おかしい。完璧に流れている。
バランスが悪いのか、極軸がずれたのか
色々チェックしたが問題なさそう。
ところがよく見ると赤経側と赤緯側のモーターに接続するケーブルが
反対になってました。
やれやれ、解決と思ったけどまだ流れる。

なんかおかしい。
そんなこんなであっという間に天文薄明になってしまった。

結局何も撮らないまま終わってしまいました。

機材を片付けている時に主鏡を固定しているバンドが緩んでいるのに気がついた。
もしかしたらこのせいなのかもしれないです。

オートガイダーもなかなかキャリブレーションが終わらなかったのはこのせいかもしれない。
結局キャリブレーションは途中でやめたんですけど。

そういう久しぶりの撮影の準備リハビリでした。(笑)

来週は既に満月が近いので、月末に撮影に行けたら、と思っています。
posted by もりやす at 23:09 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影

2016年08月09日

2016年8月7日のM8@みつえ高原牧場

前から紹介していたSS-Oneのオートガイダー。
天気が良くなくてなかなかテストができませんでした。
で、最近ようやく晴れそうな空に落ち着いてきたので
7日日曜日に久しぶりにみつえ牧場に行ってきました。

できれば、色合成もして作品っぽくしたかったのですが
途中で曇られてしまい、さらにはパソコンの電池が足らなくなってしまい
2時前に撤収することに。
撤収後はまた晴れてきました。( ノД`)シクシク…

ということでオートガイド自体はまずまずでした。
実は先週の日曜日も近場でテストをしていたのですが
1枚目がなぜかガイドが大きくずれてしまってました。
今回も同じでした。
キャリブレーションが終わっていないのに
終わったと勘違いして撮影に入ってしまったのかも。
完璧な点にはなっていないのもあるので
もう少し試行錯誤が続きそうです。

で、L画像だけですが9枚ほどになったのでコンポジットをしてみました。
ありきたりなM8(干潟星雲)です。
この対象もぼちぼち季節が外れてきているので今後カラーも撮って
完成形にするのは難しいかもしれません。
次は北アメリカかもM31かもしれません。

L.jpg

ミニボーグ45ED+0.85レデューサ+90S赤道儀+ST8300M+K-ASTEC AGS-1Sコントローラ+CCD-Soft+SS-Oneオートガイダー+75ミリCマウントガイドレンズ

L 10分×9枚
ダーク減算+コンポジット
posted by もりやす at 23:37 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2016年06月24日

SS-Oneオートガイダーに星を映してみた(2016/06/23)

先日到着したss-oneオートガイダーにCマウントレンズを買ってきました。
KOWAの75ミリのLM75JCというレンズです。
初めてCマウントレンズを触ったのでどんなふうに装着するか不明でしたが
ねじ込み式でした。
カメラとレンズとオートガイダーの小ささに驚きです。

この梅雨空でなかなか星がのぞきませんでしたが
昨夜ようやく見えたので導入してみました。
取りあえずどれくらい導入できるかを
試したかったので固定の三脚を使ってます。


DSC_2011.JPG

右の大きなのが火星。

DSC_2012.JPG

左にポツポツ見えているのがガイド星候補たち。

P1080460.JPG

スマホ画像は余りよくないのでコンデジに替えてみました。
ちょっとましですかね。
ポツポツ見えているのがガイド星候補たちです。


こんな感じで向ける方向ごとにガイド星になりそうな星が入ってきます。
これで大きなマウンターとも一旦さらばできそうです。

小さなオートガイダーですが
これだけ映ればオートガイドも簡単にできそうな気がします。
いつもガイド星を見つけるのに苦労していましたから。
消費電気も大変小さそうでスマホの予備バッテリーを使おうと思っています。
パソコンもこれで動いてくれたらうれしいんですが。

次はちゃんと晴れた空でのコントローラを使ってガイドテスト兼撮影になりそうです。
今週はまだ月が大きいし雨模様なので
来週の週末に期待です。
posted by もりやす at 13:48 | 奈良 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材

2016年06月12日

機材の更新

梅雨に入ってはや一週間。

最近は焦点距離が比較的短い135ミリのカメラレンズを
使うことが多かったのでオートガイドは使いませんでした。

Pictor201がもう一つガイド性能が「?」というのも
あったのでこの組み合わせで使っていたという理由も
ありました。
また以前から撮影システムをこじんまりとしたものに
したかったというのがありましたが
最近はガイド系の機材が大変小さくなっており
この際、両方を満足させるために変更することにしました。

冬頃から調べていたのですが
SS-Oneが製造販売しているオートガイダにしました。
・既存機材との親和性が良さそう。
・大変コンパクトなシステムになりそう。
・比較的安価に構成できそう。
と言った理由です。

昨日到着したので接続してみました。
まだ、ガイド鏡をまだ用意していないので、
動かすことはできないで接続してできるところだけは確認しました。


DSC_1930.JPG


オートガイダー自体は大変小さくてスマホの電源で駆動する様です。
接続してわかりましたがオートガイダーからガイド鏡への給電もしている様です。
電源で苦労することがあるので、
省電力で済むのならそれに越したことはないです。
パソコンとカメラの電力消費が大きいのですがね。

肝腎のガイド性能を試すのは
ガイド鏡が来てからの晴れた空に恵まれる機会になります。
posted by もりやす at 15:31 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材

2016年05月08日

2016年5月3日の彼岸花星雲、出目金星雲@みつえ高原牧場

2016年のGW後半の初日、5月3日に5年ぶりくらいに
みつえ高原牧場に行ってきました。

2年ほど前の昼間に国道を通ったら
国道から上る道が封鎖されていました。
道が崩れたという風に聞いていました。
今回は曽爾村から上るルートを教えてもらって行きました。
こちらのほうが距離が短く到着できるようです。
牧場の入口に近い道路沿いには7,8台の車が
ズラーっと並んで撮影をしているようでした。
あの位置が良いのかもしれませんね。

私は以前陣取っていた場所に先客がいないかどうか気になっていましたが
心配は杞憂にすみました。

22時前に到着し、順調に準備が進み
ぼちぼち狙っているエリアが上ってきてくるタイミングで
ピントを合わせ様としていたけど
「あれ?フィルタが回ってない?」
以前も出ていたエラーが出てきました。
その時は再起動して接続順序を確認しながら
起動すると直ったけど
今回はいつまでたっても同じエラーでした。
結局フィルターホイールの15ピンのシリアルケーブルをちょっとゆるめに接続すると
動きました。
このトラブルで1時間余ロスしてしまいました。

20160508.jpg

昨年は神鍋高原で曇られて撮れなかった対象です。
1時間ほど時間が短かったのが玉に瑕ですが
とりあえず撮れました。
ただ、135ミリのレンズでは少々対象が小さくなってしまいました。
次に撮影する機会があればミニボーグで狙ってみようと思ってます。

NikorQ135ミリレンズ(5.6)+90S赤道儀+ST8300M+K-ASTEC AGS-1Sコントローラ+CCD-Soft
Lx8枚x600秒+2枚x300秒(1×1)、
Rx2枚(3×3)、Gx2枚(3×3)、Bx2枚(3×3)それぞれ300秒
オートガイドなし。
ステライメージ+フォトショップ処理
posted by もりやす at 22:22 | 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2016年04月19日

2016年4月15日のアンタレス付近と火星@神野山

大変久しぶりです。今年はじめてです。

というか去年の秋に豊岡から奈良に戻って
初めて出かけました。

完璧にリハビリモードで
何か忘れているかもしれない(忘れ物、手順)ので
出かける前は忘れ物がないかを何度も確認して出かけました。

久しぶりなのでM8辺りを狙おうと思っていたのですが
撮影しにくかったので
さらに月没から薄明開始まで2時間弱だったので
できるだけたくさんの時間を割けるように
アンタレス付近にしました。

L_ddp-lrgb_3.jpg

今は火星が近く(上)に来ているのですが
135ミリレンズなら十分入りました。

ただ、途中クルマが駐車場に入ってきたので
ライトでカブってしまったようです。
それで右端の方をトリミングしたので縦長になっています。
神野山は4年9ヶ月ぶりに行きましたが
星屋以外の一般の人が多くなってきました。
ちょっと困りました。

ちょっと青めになったかなあ。

NikorQ135ミリレンズ(5.6)+90S赤道儀+ST8300M+K-ASTEC AGS-1Sコントローラ+CCD-Soft
Lx10枚、Rx2枚、Gx2枚、Bx2枚それぞれ300秒
オートガイドなし。
ステライメージ+フォトショップ処理
posted by もりやす at 23:58 | 奈良 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2015年08月09日

2015年8月8日の出目金、彼岸花@神鍋高原駐車場

ホンマにこの夏は暑い!
って毎年言ってるような気もする。

8月8日は月が日が変わった途端に出てくるまでとして
出かけました。

珍しくまだ明るいうちに着いて
セッティングもほとんど明かり無しで出来ました。
後は暗くなってからの調整だけでした。
薄明が終わる頃には夏の天の川がよく見えてきて
今日はいけるやん!
ッて思って極軸、ピント合わせ、対象の導入をしました。
さて、21時になって撮影開始!
と思ったところで稲光とともに
全天雲に覆われてしまいました。

「なんじゃいな」と待機。

結局、22時30分になっても晴れる気配がないので
撤収を決定。

結局撮れませんでした。

でも悔しいので導入の時のL画像を。
出目金・彼岸花.jpg

露出時間は少ないけど
2つわかるでしょ?
RGBの撮り方を変えてみようと思っていたので残念でした。
春からズッと狙っていたけど
低空の対象なのでなかなkいい機会がなくてようやく、
と思った矢先だったので、そういう意味でも残念でした。
神鍋高原では山スレスレです。
大台ケ原では高いところで撮りやすかったけどなあ。

90S赤道儀+MiniBORG45ED+SBIG ST8300M+K-Astecコントローラ
CCDSoftで撮影。
L:30秒×1枚、合計露光時間:たった30秒
-5℃。
導入だったのでビニング3×3。
ステライメージ6+PhotoShopCS2で処理ってほど処理してません。
posted by もりやす at 22:56 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影

2015年07月29日

2015年7月25日のM31@豊岡日高町の植村直己冒険館駐車場

ようやく梅雨が開けた途端に
激暑がやって来ました。
豊岡も36℃、37℃を超えた日がすでにあり暑いです。

そんな36℃を超えた7月25日に梅雨初めころに行った以来
撮影に行ってきました。

今回は久々にミニボーグを使って撮影をしようと思っていましたが
どうもピントが出ないどころか
星の形すら見えない。

仕方ないのでいつもの135ミリカメラレンズで撮ることに。
対象はちょうどいい高さで導入ができるM31。

M31は導入も簡単で手動導入派には助かる対象です。
もちろん天頂に上がるほどになると大変ですけど。

この日は新月から7日前後経っているので
月没は0時過ぎ。
薄明まで3時間です。

対象は秋のM31です。

20150725_M31.jpg

梅雨入り前の空と比べると低空までスカッとしており
天の川も夏から秋にかけてはっきり見えていました。
そういや今年は出かける回数はそこそこありますが
今回は一番いい空だったかも。

ミニボーグですが対物レンズを接眼に近いところに設置していたので
全くピントどころの話ではないようでした。
M31を撮り終えて確認後いつもの場所に戻すと
比較的簡単にピントが出ました。
次は使うぞおお。

2時頃からはM45がいい具合に上がってきていました。
8月下旬からはM45も対象になりそうです。

90S赤道儀+NikkorQ135mmF2.8→F5.6+SBIG ST8300M+K-Astecコントローラ
CCDSoftで撮影。
L:5分×11枚、R,G,B:各5分×2枚、合計露光時間:85分
すべて-5℃。
ステライメージ6+PhotoShopCS2で処理
posted by もりやす at 23:52 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。